結婚相手の男性に妥協しても良い条件とダメな条件とは?重要なポイントはどこ?

結婚相手に対して皆さんはどのような条件を持っているでしょうか。妥協しないと結婚は出来ないなんて言われることもありますが、どこまで妥協してもいいものかわからないですよね。個人差はありますが、そんな方のために妥協しても良い条件、ダメな条件をまとめてみました!幸せな結婚生活にするための結婚相手探しです。自分にとって絶対外せない条件だけを厳選しましょう。
2018年8月9日 婚活
718 view
ツイート はてぶ

結婚相手は条件を妥協しないと見つからない?!

(出典:PEXELS

「結婚したいとは思ってるけど、なかなかいい人が見つからない…」と思っている婚活女子は多いと思います。しかし、一方で「結婚相手は妥協しないと見つからないよ」なんて声もありますよね。

なぜなら、ただ付き合うだけの彼氏とは違い、愛情が合わないからといってすぐに別れられないのが結婚です。

もちろん、結婚相手の条件をあまり追い求め過ぎるのもよくないですが、妥協したせいで結婚生活が台無しになるのはもっと嫌ですよね。

そこで今回は、結婚相手の条件について妥協しても良い条件と、悪い条件を紹介していきたいと思います。結婚相手探しのポイントを押さえて、一番自分にぴったりな男性との結婚を目指しましょう!

妥協する前に出会いは見つけた?


▶︎Pancy(パンシー)アプリDLはこちら(女性無料)

「なかなか出会いがないから結婚は妥協しなきゃできないかも」

こう思っている人はかなり多いといいます。
でも妥協する前に出会いは探しましたか?

恋活アプリ「Pancy」なら、1,000万人以上の診断データからあなたの価値観を分析し、相性ピッタリなお相手を見つけることができます。

相性ピッタリなお相手を探して、素敵な恋愛をしませんか?

あなたにピッタリなお相手探しはこちらから

女性が結婚相手に求めるものランキングはこちら!

結婚相手の条件は妥協するべき?婚活において大事なポイントとは?

(出典:PEXELS

結婚相手は一生のパートナーなので、”妥協したくない”と思うのは当たり前の事です。

しかし、周りに結婚相手の好みを挙げてみると「妥協しないと難しいよ」などと言われるのはなぜなのでしょうか。

結婚相手になるとよりこだわりが増える

人は、”1回しか選べない”と思うと妥協なく完璧なものを選びたくなるものです。

婚活においても、基本的に1回きりのものとして考えるので、そうすると普段付き合うだけなら妥協していたことが結婚相手となるとできなくなってしまうのです。

その結果、こだわりが増えてしまうことでそれが妥協できない条件となってしまい、自分でも本当に結婚相手に求めているものがわからなくなることも多いです。

条件が多い婚活は大変

もちろん、自分が選ぶ結婚相手に”妥協はしたくない”と思う事は悪い事ではありません。しかし、逆を考えてみるとわかりやすいでしょう。

例えば、婚活で知り合ったばかりの相手に好みを聞いた際、「可愛くてスタイルが良くて賢くて尽くしてくれる子」と言われたら、どんなにタイプでも”先が大変そう”だと感じてしまい諦めモードになってしまいませんか。

これと同じく、女性が結婚相手に妥協できないポイントが多ければ多い程、男性としては近づきにくくなりその結果、婚活も上手く行きづらくなるのです。

また、男性だけでなく自分自身も妥協出来ない条件が増える事で、相手をシビアに選別してしまい、婚活も困難に。

妥協は諦める事ではない

しかし、”妥協”というと諦めなどマイナスなイメージを持つ人も多いと思いますが、実はこの”妥協”とは諦める事ではないのです。

では、妥協とは何かといえば『視野を広げる』という意味に受け取ってみると良いでしょう。

つまり、結婚相手に対して妥協できるところを増やしていく事で、今までは対象外だと思っていた相手も結婚相手としてみることができるようになるのです。

それは、自分自身にとってとてもプラスな事ですよね。

妥協できない条件を見直してみる

その為にも、一度自分自身が婚活をしていく中で結婚相手に”これだけは妥協できない”と思ってきたものを見直してみる事も大切です。

そうして、妥協点がシンプルになることが婚活を成功させるきっかけにも繋がります。

では、どんな条件が妥協するべきか、または妥協すべきでないのでしょうか。

結婚相手を探すときに妥協しても良い6つのポイント!

(出典:写真AC

まずは、妥協しても良い条件からご紹介しますが、”一生を添い遂げる相手を選ぶのに、妥協しても大丈夫なの?”と疑問に思う女性もいるかもしれません。

しかし、この”妥協”は結婚相手の条件を下げるという意味ではなく、本当にその条件は結婚するのに必須なのかどうかを見極める、という意味であるのです。

結婚相手として妥協しても良い条件①:見た目のセンス

彼氏がデートに来たときに、センスの悪い格好をしていたり、だらしない髪型だったりするとゲンナリしてしまいます。

もしかしたら、そんな苦い経験から結婚相手の男性に、センスの良さや見た目の良さなどは”妥協したくない”と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、結婚しても”いつまでもトキメキを忘れたくない”という女心は誰にでもあるものですよね。けれど、実はこの条件は妥協しても良い条件なのです。

なぜなら、洋服のセンスが気に入らないなら、一緒に買い物に行けば自分好みにアドバイスすることが出来ます。また、見た目の良さも髪型やファッションでよくすることが出来ますよね!

つまり、結婚相手にセンスがなかったとしても、そこは妥協しても大丈夫!むしろ、あなた好みの男性に出来るチャンスと捉えましょう。

結婚相手として妥協しても良い条件②:顔

結婚相手は、顔より性格を重視するべきだといわれますが、そうは言ってもやっぱりイケメンと結婚できたら素敵ですよね。

中には子供のことを見越して、結婚相手には顔の良さだけは妥協したくない人も多いのではないでしょうか。

「顔は見慣れるので余程ブサイクでないなら問題ない」

(出典:「【専門家監修】結婚には妥協が付き物!? 妥協していい点ダメな点」より)

しかしこの意見の通り、どんなイケメンでも見慣れると初めのドキドキは薄れてしまうもの。大切なのは、自分の好みの顔であるかどうかです。

また年齢を重ねると若いときにどんなにカッコ良くても崩れてきてしまうことはあり、逆に年を取るごとに素敵になる男性だっていますよね。

だからこそ、顔の良さを結婚相手の条件にあげている方は、自分の好みについてよく考えてみると、意外と妥協しても良い条件だと気付けるかもしれませんね。

結婚相手として妥協しても良い条件③:収入

昔は、「年収○○万以下の結婚相手なんて妥協できない!」などと言う女性もいましたが、今は女性も男性と対等に働き、結婚しても自分らしく仕事ができる時代です。

もちろん、結婚相手の収入が良い事に越したことはありません。また、働かない男性ももちろん避けた方が苦労はしません。

しかし、お金は女性でもある程度稼ぐことができる時代です。

また、高収入の夫婦よりも互いに切磋琢磨して収入を得ている夫婦の方が思いやりが生まれて仲が良くなるとも言われています。

だからこそ、結婚相手の収入はそこまで拘る時代でもなく、妥協しても良いポイントでもあるのです。

結婚相手として妥協しても良い条件④:身長

M A H Oさん(@ymmtmh)がシェアした投稿

結婚相手の条件の一つとして、”背の高さは妥協できない”と思っている女性は意外と多いものです。

これは、無意識に自分を包み込める男性像を結婚相手には求めているからだとも言われています。

しかし、顔と同じく身長は一緒にいるとそこまで気にならずむしろ馴染んでくるものであり、さらに歳を重ねたら互いに縮むものですよね。

その頃には、身長が妥協できなかった自分が少し笑えたりするものです。

だからこそ、結婚相手の身長は妥協しても良いポイントと言えるでしょう。

結婚相手として妥協しても良いポイント⑤:身体の相性

結婚相手は一生のパートナーなので、身体の相性も妥協したくないと考える人は多いのではないでしょうか。

しかし、身体の相性というものは実は”合うか合わないか”ではなく、”合わせていくもの”だったりするのです。

もちろん、初めから相性が良い相手もいるでしょう。しかし、身体の相性は何度も重ねていくうちに徐々にマッチしていき、ベストパートナーとなります。

もちろん、そこには互いの努力も必要ですが、結婚相手の条件としてははじめから拘るポイントではなく、妥協しても良い条件の一つと言えるでしょう。

結婚相手として妥協しても良い条件⑥:趣味のちがい

STANCE Japanさん(@stance_japan)がシェアした投稿

結婚相手とは、一緒に楽しめる趣味があるに越した事はありません。

だからこそ、よく「趣味が合わない人はムリ!」という話を耳にしますが、ここも実は妥協しても良い条件の一つだったりします。

もちろん、同じ趣味であれば一緒に楽しめるのでそれだけ楽しい事も増えるかもしれません。

でも、夫婦生活というのは適度な距離感を持っている方が長続きするものです。

だからこそ、互いに違う趣味がありそれぞれの時間を持っているくらいが良いと言われているのです。

また、仮に趣味が違っても結婚相手と新たに共通の趣味を見つけていくのも醍醐味です。

そういった意味でも、初めから結婚相手に同じ趣味であることを望む必要はなく、妥協しても良い条件だと言えるのです。

変わるものは妥協しても良い!

このように、結婚相手に対し妥協しても良い条件は、この先、変わるものや変えることができるもの、さらにはフォローできるものや相手の自由を尊重すべき条件に多いと言えます。

こうして、改めて考えてみると納得できる人も多いのですが、いざ自分の事となると割と”妥協できない”と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、こういった条件をあえて妥協し本当に大事な条件を整理してみる事で、婚活は驚くほどスムーズになるものです。

結婚相手を探すのは楽しい♡


▶︎Pancy(パンシー)アプリDLはこちら(女性無料)

結婚相手なんて簡単に見つかるものじゃない…
そういうイメージも強いですが、それは出会いがないからです。

出会いさえあれば結婚はすぐ近くにあるかもしれません。

恋活アプリ「Pancy」なら、1,000万人以上の診断データからあなたの価値観を分析し、相性ピッタリなお相手を見つけることができます。

相性ピッタリなお相手を探して、素敵な恋愛をしませんか?

あなたにピッタリなお相手探しはこちらから

結婚相手を探すときに妥協してはダメな6つの条件!

(出典:ぱくたそ

逆に今度は、妥協してはダメな条件について見ていきましょう。

なかなか理想の結婚相手が見つからないと、思わず条件を妥協してしまいそうになりますよね…。

けれど、その一度の判断ミスでその後の人生の良し悪しが決まってしまいます。

そうならないように、これからあげる条件はよく考えておくとよいかもしれません。

結婚相手として妥協してはいけない条件①:価値観

お金もあって、見た目もハンサムな男性だったとしても、価値観だけは結婚相手の条件で妥協してはいけないポイントです。

なぜなら、結局は価値観の違いが結婚生活においては様々な問題にもなり、逆に同じ価値観であることで絆も強くなるのが結婚生活。

特に、価値観はその人がこれまで生きてきた経験や、遺伝子そのものから作られたものです。だからこそ、根本的には変わりません。

だからこそ結婚相手を選ぶ時、価値観がしっかり合うかについては妥協してはいけないポイントなのです。

結婚相手として妥協してはいけない条件②:金銭感覚

ʏᴜɪ ᴋさん(@yuchikoneko2)がシェアした投稿

結婚相手に選ぶなら、金銭感覚も妥協してはいけないポイントです。

なぜなら、結婚相手は実質的にお財布が一つになるということも多く、お金に纏わるトラブルは本当に多いもの。

  • 貯金ができない
  • 物を買う価値観が違いすぎる

しかし、付き合っている間は割り勘をしたり、生活にかかるお金が別々だったりするので金銭感覚の違いに気づいにくいかもしれません。

だからこそ、結婚相手になるならまずは金銭感覚をしっかり擦り合わせ、それでも合わないなら妥協してはいけないポイントだと思いましょう。

結婚相手の価値観や性格を見極めたい方にオススメの記事はこちら↓

結婚相手として妥協してはいけない条件③:仕事への姿勢

結婚相手の条件で、年収などの収入を妥協したくないと思っている人も多いかもしれません。

しかし、それよりも結婚生活において大事な事は仕事への姿勢です。この仕事への姿勢というのは、その人の考え方や信念の一つで簡単にはブレにくいものです。

一方、どんなにキャリアが素晴らしく年収が良い男性でも、たまたま仕事が上手くいったり成り上がりであるだけで、仕事への姿勢が真摯でなければいつかは落ちてしまいます。

しかし、仕事に真面目で自分のやるべき事をしっかりできる人は、結婚して仮にそこまで年収が高くなくても安定的な幸せを作れる人が多いのです。

だからこそ、結婚相手には仕事への姿勢がいかに真面目で真摯であるか、そこは妥協すべきでないポイントだと言えます。

結婚相手として妥協してはいけない条件④:食の好み

Naohisaさん(@teinenjijinao)がシェアした投稿

“結婚相手に妥協してはいけないのが食の好み?”と思ったそこのあなた、たしかに”そのくらい”とも思いがちなところが実は落とし穴なのです。

なぜなら、食事は毎日のことであり同じものを食べるのが普通です。

しかし、結婚相手と食の好みが違えば別の物を用意したり、更に子供が出来たら子供用の味付けも必要ですよね。

また、料理は女性が作ることも多い中、せっかく作った料理に文句を言われたり、残されたりすると夫婦仲にも響くのです。

だからこそ、結婚相手とは食の好みが似ているかどうか、ここは妥協してはいけないポイントでしょう。

結婚相手として妥協してはいけない条件⑤:愛情

結婚相手に欠かせない条件は、やはり愛情も妥協したくないポイントです。この愛情は、いわゆる相手への思いやりですよね。

長い結婚生活において、思いやりがあれば大体の事は乗り越えていけますが、どんなにカッコ良くお金があっても思いやりがなく、愛情があるのかないのかよくわからない相手とは結果的にうまくいかないもの。

一方、女性はきちんと愛情を与えてもらえる男性を、尊敬し頼りにすることができますよね。

だからこそ、結婚相手の条件においてこの思いやりを含む愛情は、妥協してはいけないポイントなのです。

結婚相手として妥協してはいけない条件⑥:信頼性

結婚とは、結局信頼で成り立つ部分が多いものです。

例えば、お金を共にするのもそうですし相手を尊重できるのも、信頼しているからこそできる行動です。

だからこそ、結婚相手の信頼性においては妥協してはいけないポイントだと言えます。

  • 嘘が多い
  • 裏切り行為が多い
  • 約束を守らない

このような結婚相手では、仮に愛がある結婚も長続きはしない事が多いです。

だからこそ、結婚相手への信頼性は絶対に妥協せず、心から信頼出来る相手を選ぶことが大切です。

自分にも大きく関わることは妥協してはいけない!

このように、結婚相手に妥協すべきでないポイントもいくつかありますが、妥協しても良い条件との大きな違いがわかりましたか?

それは、相手の問題かそれとも自分の問題かで考えると良いのです。

例えば、ルックスやセンスは相手の問題であり、それは個人の自由ですよね。しかし、妥協してはいけない条件は自分自身にも大きく関わる事が多いです。

そう考えると、妥協すべきポイントと妥協すべきではないポイントがわかりやすいのではないでしょうか。

結婚相手の条件を妥協する時は色々な場合を考えてみて!

(出典:PEXELS

そもそも妥協という表現自体、結婚を決める場合には正確なものではなくて、自分が何を求めているかを探すための『条件候補』が厳選されて『大切ないくつか』がわかった結果、いらない条件がそぎ落とされたということなんだと思います。

(出典:「【専門家監修】結婚には妥協が付き物!? 妥協していい点ダメな点」より)

この言葉にあるように、妥協というとまるで我慢をしたり諦めたりして結婚しないといけないと思ってしまいます。

しかし、大切な条件がどれなのかを知るために妥協をしてみて、条件を厳選していくというのが正しい意味なのではないでしょうか。

つまり、妥協しないと結婚相手が見つからないというわけではないということが分かっていただければ幸いです。

ぜひ結婚相手の条件を厳選して、一番しっくりくる結婚相手を探してみてくださいね。

結婚相手の探し方や見極め方についてもっと知りたい方にオススメの記事はこちら↓

素敵な恋がしたい!

最近なかなか素敵な出会いがない!なんて人いませんか?

  • 顔はタイプなのに、相性が最悪!だった
  • 自由な人がいいのに、付き合ってみたら束縛な人だった

このように価値観の違いが問題で、過去のパートナーとお別れした経験はあると思います。
価値観が近いパートナーを探したい…そんなときはPancyという価値観でつながるマッチングアプリを試してみてはいかがでしょうか?

▶︎Pancy(パンシー)アプリDLはこちら

[無料診断テスト実施中]あなたの恋愛価値観を分析します

Pancy(パンシー)なら1,000万人以上の診断データからあなたの価値観を精密分析し、あなたに相性ピッタリなお相手を見つけることができます!これまでの外見だけを重視する恋愛はもう終わり!

Pancy(パンシー)では、あなたとお相手がどのくらいの相性が良いかがひと目で分かるようになっているので、気になった相手とも簡単につながれます。

『Pancy』について詳しくはこちら

Pancyの口コミをチェック

実際にPancyをご利用いただいた方の口コミです。

実際に3人会えました
★★★★★ 20代 男性
いくつかマッチングアプリ使ってみましたが、マッチング数は一番多いですね!診断もけっこう当たってました!

気が合う人がすぐ見つかる
★★★★★ 20代 女性
マッチングアプリいろいろ使ってきましたが、相性診断で気が合う人がすぐ見つかって便利です

口コミをもっと見たい方はこちら

Pancyのダウンロードはこちら

登録無料のPancy(パンシー)を使って、相性が合う素敵なパートナーを見つけてみませんか?

▶︎Pancy(パンシー)アプリDLはこちら

[無料診断テスト実施中]あなたの恋愛価値観を分析します

あなたにピッタリなお相手探しはこちらから
ツイート はてぶ
関連記事